賢く学ぶ不動産投資

不動産投資に関する情報が満載!

当サイトでは、不動産投資に関する情報が扱われています。
例えば、一棟所有と区分所有のどちらがお得かといった情報や、不動産投資のメリットやデメリット、探し方、資金調達の仕方、利益を出すための仕組みについてなど、基礎的なことからやや専門的な情報まで網羅的に取り扱われています。
そのため、興味があるけど知識がない、他の投資方法と迷っているため情報が欲しい、という方にとっては、有益な情報を手に入れることができます。

不動産投資を始めるなら一棟所有と区分所有、どちらがお得?

不動産投資を始めるなら一棟所有と区分所有、どちらがお得? 不動産投資の方法としては、建物を一棟所有する方法と、区分所有をする方法があります。
前者は、マンションやアパートなどを丸ごと一棟購入する方法で、後者は部屋を一室購入する方法です。
これらはどちらにもメリットデメリットがあるため、どちらがお得であるかは、それぞれの事情により異なります。
あまり資金をたくさん出せないという場合は、区分所有の方がお得といえるでしょう。丸ごと買うととても手に入れる事の出来ない建物の部屋を購入できますし、そういった物件は収益性も高いです。
ただ、一室だけだと空室リスクが懸念されます。資金をたくさん出せるのであれば、すべての部屋による収益を自分で得ることができますから、こちらがお得であるといえるでしょう。
こちらも、空室が目立てば、収益が安定しないというデメリットがあります。

不動産投資、一棟所有と区分所有は「空室リスク」が違う

不動産投資、一棟所有と区分所有は「空室リスク」が違う 不動産投資は最終的に収益となるように運用できるかがポイントです。賃貸経営による賃料が収入であり、維持管理コストは支出です。
総合的に判断したときに、収支がプラスになるように運用します。マンションを活用する場合は、一棟所有にするか、部屋単位の所有にするかを決めます。
一棟所有はマンションをまるごと所有して賃貸経営するスタイルです。
部屋単位で所有するのは区分所有といい、正式な所有権ではなく区分所有権になりますので、空室リスクが大きくなります。空室で賃料が発生しなくても、管理組合に対して管理費を支払わなければならないからです。
区分所有者は、マンションの管理組合の決定に従う義務がありますので、リフォームの時期と金額に対しても自分の意志だけでは決断できません。賃料が得られない状態でも管理費は管理組合に納めますし、大規模リフォームが自分の意志に反して決定されてしまっても従う必要があります。
一棟所有の場合は、リフォームの決定権は所有者自身にありますし、空室があったからといって管理費でマイナスになることがありません。
一棟所有は不動産投資として所有権者ならではの決定権が不動産投資を安定させる要素になります。
空室そのものが発生しても、管理費コストにおける空室リスクのマイナス収支が発生しないのも魅力です。

Copyright © 2017 賢く学ぶ不動産投資 all rights reserved.