賢く学ぶ不動産投資

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット 建物を使った投資方法は、安定した収入を得やすいので人気があります。
しかしこの投資方法にもデメリットがあるので、よく理解して行うべきでしょう。
不動産投資の問題点としてあるのは、建物のメンテナンスが必要な事です。
建物を貸す不動産投資では、提供する建物のメンテナンスがいります。
メンテナンスは大きな建物ほど、費用が高くなるので注意なければいけません。
他の点で重要になるのは、建物に住んでいる住民との交渉です。
賃貸物件や駐車場投資をする場合、利用者との交渉は必要になります。
交渉をする時は実際に会って話しますが、その時にトラブルが起こる事があります。
更に相手の所までわざわざ行く負担もあるので、時間がかかるデメリットも存在します。
不動産投資は安定した収入を得られる、人気の高い投資方法です。
しかし建物の管理や利用者との交渉など、やらなければいけない仕事も多くあります。
最近はそのような事を頼める業者もあるので、負担が気になるなら依頼するも手です。

不動産投資が地獄の入り口に?

不動産投資が地獄の入り口に? 不動産投資は決して確実なバラ色の道とは限りません。
場合によっては地獄への入り口になる可能性もありますから、慎重になったほうがよいでしょう。
要は、不動産投資では収益を得ることが第一の目標となるわけですが、今の時代、物件そのものの価格が大きく上昇するようなことは、ごく一部の恵まれた立地の人気物件以外では期待しにくいでしょう。
となると、大多数の物件では毎月の賃貸料収入が命となるわけです。
どれだけの賃貸料収入が得られそうか、空室になる割合はどれくらいになりそうかということをしっかりと見積もっておく必要があります。
空室が多い場合に、単に賃貸料収入が多少低くなってしまうだけで別に地獄を見るようなことはないと確信できる人であれば良いのですが、空室が多かろうと不動産全体のメンテナンス、維持管理費用は一定額必要でしょう。
また多くの場合、不動産投資ではその資金を借入でまかなっていることでしょうから、その場合は借入金の利息負担のことも考えに入れなければなりません。


Copyright © 2017 賢く学ぶ不動産投資 all rights reserved.